【16】穀雨初候 第十六候「葭始生(あしはじめてしょうず) 」

【16】穀雨初候
第十六候「始生(あしはじめてしょうず) 」新暦4月20日~4月24日 頃
水辺の葦が芽を出し始める

植物 新ごぼう

チューリップ、葦牙(あしかび)

鯵(あじ)
動物
行事など

チューリップ(花言葉は思いやり・名誉・正直など

ごぼう(花言葉は私に触れないで・いじめないで・人格者・用心

葦牙は葦の新芽のこと(花言葉は深い愛情・従順・不謹慎など

「春眠暁を覚えず」

長い冬を終え、朝の訪れが早まるといわれるのはこの時期のこと。

関連記事

  1. 【67】小寒初候 第六十七候「芹乃栄(せりすなわちさかう)」 

  2. 【48】秋分末候 第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

  3. 【8】啓蟄次候 第八候「桃始笑(ももはじめてさく)」

  4. 【66】冬至末候 第六十六候「雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる) 

  5. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

  6. 【38】立秋次候 第三十八候「寒蝉鳴(ひぐらしなく) 」

  7. 【22】小満初候 第二十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)」

  8. 【45】白露末候 第四十五候「玄鳥去(つばめさる)」 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。