【2】立春次候 第二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく) 

【2】立春次候
第二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく) 新暦2月9日~2月13日頃
鶯が山里で鳴き始める

植物 さやえんどう

梅(うめ)、沈丁花(じんちょうげ)

鰊(にしん)
動物
行事など 全国各地で梅の花を見る催しが開かれる。日本三大庭園のひとつ水戸の偕楽園は梅の名所。

梅(花言葉は気品・上品・忍耐)も甘い香りがするが、

沈丁花(花言葉は永遠・不老長寿・不滅)は甘い香りからセンリコウ(千里香)とも呼ばれる。

さやえんどう(花言葉は永遠の楽しみ・永遠の悲しみ)は色鮮やかでビタミンCが豊富。

鰊(にしん)は春告魚、鶯(うぐいす)は春告鳥と言われる。鰊の卵は数の子で、粒の数が多いことから子孫繁栄の縁起物とされる。

関連記事

  1. 【28】夏至初候 第二十八候「乃東枯(なつかれくさかるる)」

  2. 【17】穀雨次候 第十七候「霜止出苗(しもやんでなえいずる)」

  3. 【27】芒種末候 第二十七候「梅子黄(うめのみきばむ)」

  4. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  5. 【44】白露次候 第四十四候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」

  6. 【31】小暑初候 第三十一候「温風至(あつかぜいたる)」

  7. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  8. 【33】小暑末候 第三十三候「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。