【23】小満次候 第二十三候「紅花栄(べにばなさかう)」

【23】小満次候
第二十三候「紅花栄(べにばなさかう)」 新暦5月26日~5月30日 頃
紅花が盛んに咲く

植物 紅花(べにばな)、紫蘇(しそ)
車海老(くるまえび)
動物
行事など 潮干狩り:

貝は縁起物。

紅花は藍(染料)ともなる。別名は『源氏物語』にも登場する「末摘花(すえつむはな)」。(花言葉は、包容力・愛する力・熱狂・特別な人

紫蘇(しそ)は栄養豊富で様々に活用されている。(花言葉は、善良な家風・力が蘇る

関連記事

  1. 【69】小寒末候 第六十九候「雉始雊(きじはじめてなく) 」

  2. 【34】大暑初候 第三十四候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」

  3. 【66】冬至末候 第六十六候「雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる) 

  4. 【32】小暑次候 第三十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

  5. 【38】立秋次候 第三十八候「寒蝉鳴(ひぐらしなく) 」

  6. 【10】春分初候 第十候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

  7. 【42】処暑末候 第四十二候「禾乃登(こくもつすなわちみのる) 」

  8. 【68】小寒次候 第六十八候「水泉動(しみずあたたかをふくむ) 」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。