【28】夏至初候 第二十八候「乃東枯(なつかれくさかるる)」

【28】夏至初候
第二十八候「乃東枯(なつかれくさかるる) 新暦6月21日~6月25日 頃
夏枯草(うつぼ草)が枯れる

植物 夏蜜柑(なつみかん)、冬瓜(とうがん)

靫草(うつぼぐさ)

鮎(あゆ)
動物
行事など

夏枯草は「靫草(うつぼぐさ)」の別名。冬至に芽を出し、夏至に枯れる。(花言葉は、優しく癒す・協調性

夏蜜柑(なつみかん)は山口県萩市の特産。花は甘い香りで昭和天皇が「この街は香水をまいているのか」と聞いたエピソードも。

冬瓜(とうがん)は夏場のむくみに良い働きをする。夏が旬だが冬まで保存がきく。

関連記事

  1. 【46】秋分初候 第四十六候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ…

  2. 【22】小満初候 第二十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)」

  3. 【69】小寒末候 第六十九候「雉始雊(きじはじめてなく) 」

  4. 【66】冬至末候 第六十六候「雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる) 

  5. 【10】春分初候 第十候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

  6. 【19】立夏初候 第十九候「鼃始鳴(かわずはじめてなく)」

  7. 【39】立秋末候 第三十九候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」

  8. 【17】穀雨次候 第十七候「霜止出苗(しもやんでなえいずる)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。