【39】立秋末候 第三十九候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」

【39】立秋末候
第三十九候「蒙霧升降(ふかききりまとう) 新暦8月17日~8月22日 頃
深い霧が立ちこめる

植物 無花果(いちじく)、新生姜(しんしょうが)

水引(みずひき)

まだこ、鱸(すずき)
動物 おんぶばった
行事など 霧が有名な場所

摩周湖(北海道)、軽井沢(長野) 霧の海( 広島)渋峠 (群馬)
竹田城跡(兵庫県)大江山(京都)

水引は祝儀の水引に姿が似ていることからついた名前。(花言葉は慶事・祝い・感謝

新生姜はこの時期、クーラーなどで冷えた体を温める。(花言葉は 豊かな心)

無花果は『聖書』のアダムとイブの物語にも登場する。(花言葉は子宝・裕福・平安

関連記事

  1. 【29】夏至次候 第二十九候「菖蒲華(あやめのはなさく)」

  2. 【52】霜降初候 第五十二候「霜始降(しもはじめてふる)」 

  3. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

  4. 【42】処暑末候 第四十二候「禾乃登(こくもつすなわちみのる) 」

  5. 【59】小雪次候 第五十九候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」

  6. 【36】大暑末候 第三十六候「大雨時行(たいうときどきふる)」

  7. 【57】立冬末候 第五十七候「金盞香(きんせんかさく)」 

  8. 【32】小暑次候 第三十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。