【4】雨水初候 第四候「土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)」

【4】雨水初候
第四候「土脈潤起(つちのしょううるおいおこる) 新暦2月19日~2月23日頃
雪に変わり雨が降り、大地を潤し始める

植物 春キャベツ

雪割草(ゆきわりそう)

飛び魚、ホウボウ
動物
行事など お伊勢参り:

江戸時代中期から庶民の間で盛んに。季節のいい春に行う。

雪割草(花言葉は自信・期待・はにかみ屋)は、雪解けの頃に雪を割って咲くという意味。

この時期のキャベツは葉が柔らかくみずみずしい。

関連記事

  1. 【11】春分次候 第十一候「桜始開(さくらはじめてひらく)」

  2. 【32】小暑次候 第三十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

  3. 【41】処暑次候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

  4. 【25】芒種初候 第二十五候「蟷螂生(かまきりしょうず) 」

  5. 【15】清明末候 第十五候「虹始見(にじはじめてあらわる)」

  6. 【3】立春末候 第三候「魚上氷(うおこおりをいずる)」

  7. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  8. 【53】霜降次候 第五十三候「霎時施(こさめときどきふる)」 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。