【60】小雪末候 第六十候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」

【60】小雪末候
第六十候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ) 新暦12月2日~12月6日 頃
橘の実が黄色く色づく

 

植物 橘(たちばな)、橙(だいだい)、セロリ
ボラ
動物
行事など ひょうたん祭り

大分県 12月4日に行われる。

橘(たちばな)は古事記や日本書記にも描かれている。常緑で明るい黄色の実をつけることから「永遠」を象徴する演技の良い植物。(花言葉は永遠・追憶

橙(だいだい)は「代々、実る」ことから縁起物として鏡餅などにのせるようになった。(花言葉は、相思相愛

関連記事

  1. 【63】大雪末候 第六十三候「鱖魚群(さけのうおむらがる)」 

  2. 【42】処暑末候 第四十二候「禾乃登(こくもつすなわちみのる) 」

  3. 【62】大雪次候 第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」

  4. 【24】小満末候 第二十四候「麦秋至(むぎのあきいたる)」

  5. 【20】立夏次候 第二十候「蚯蚓出(みみずいずる)」

  6. 【7】啓蟄初候 第七候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」

  7. 【26】芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) …

  8. 【12】春分末候 第十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。