【65】冬至次候 第六十五候「麋角解(さわしかつのおつる) 」

【65】冬至次候
第六十五候「麋(さわしかつのおつる) 」新暦12月26日~12月30日 頃
大鹿の角が落ちて生え変わる

植物 南瓜(かぼちゃ)
鯉(こい)
動物 尾長(おなが)
行事など 歳の市:

正月を迎えるための買い物客で市が賑わう。

冬至には「ん」のつくものを食べるとよいと言われた。南瓜は“なんきん“として冬至の定番野菜となった。(花言葉は広い心・大きさ・広大

関連記事

  1. 【54】霜降末候 第五十四候「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」 

  2. 【63】大雪末候 第六十三候「鱖魚群(さけのうおむらがる)」 

  3. 【28】夏至初候 第二十八候「乃東枯(なつかれくさかるる)」

  4. 【44】白露次候 第四十四候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」

  5. 【23】小満次候 第二十三候「紅花栄(べにばなさかう)」

  6. 【72】大寒末候 第七十二候「雞始乳(にわとりはじめてとやにつく) 」…

  7. 【6】雨水末候 第六候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」

  8. 【31】小暑初候 第三十一候「温風至(あつかぜいたる)」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。