【70】大寒初候 第七十候「欵冬華(ふきのはなさく)」 

【70】大寒初候
第七十候「欵冬華(ふきのはなさく)」 新暦1月20日~1月24日 頃
蕗の薹が蕾を出す

植物 小松菜(こまつな)

南天(なんてん)

赤貝(あかがい)、鰤(ぶり)
動物 あおじ(鳥)
行事など 初地蔵:

その年初めてのお地蔵様の縁日。1月24日。

南天は「難を転ずる」として縁起物とされる。古くから厄除けとされてもきた。(花言葉は、機知に富む・福をなす・良い家庭)

小松菜(こまつな)は江戸川区の小松町が発祥。江戸のお雑煮に欠かせない。(花言葉は、小さな幸せ)

関連記事

  1. 【34】大暑初候 第三十四候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」

  2. 【62】大雪次候 第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」

  3. 【9】啓蟄末候 第九候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」

  4. 【35】大暑次候 第三十五候「土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)」 …

  5. 【13】清明初候 第十三候「玄鳥至(つばめきたる)」

  6. 【30】夏至末候 第三十候「半夏生(はんげしょうず)」

  7. 【39】立秋末候 第三十九候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」

  8. 【47】秋分次候 第四十七候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。