【72】大寒末候 第七十二候「雞始乳(にわとりはじめてとやにつく) 」

【72】大寒末候
第七十二候「雞始乳(にわとりはじめてとやにつく) 」
新暦1月30日~2月3日 頃
鶏が卵を産みはじめる

植物 金柑(きんかん)

柊(ひいらぎ)

目光(めひかり)
動物
行事など 節分:立春の前日に豆をまいて厄払いをする。

恵方巻き:
節分の夜にその年の恵方を向いて太巻きを丸かぶりする。

 

金柑(きんかん)は最も小さな蜜柑。おせち料理や砂糖漬けなどに活用されている。
(花言葉は思い出・感謝)

関連記事

  1. 【39】立秋末候 第三十九候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」

  2. 【21】立夏末候 第二十一候「竹笋生(たけのこしょうず) 」

  3. 【23】小満次候 第二十三候「紅花栄(べにばなさかう)」

  4. 【4】雨水初候 第四候「土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)」

  5. 【51】寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

  6. 【41】処暑次候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

  7. 【36】大暑末候 第三十六候「大雨時行(たいうときどきふる)」

  8. 【25】芒種初候 第二十五候「蟷螂生(かまきりしょうず) 」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。