ハロウィンの由来

【ハロウィンの由来】 

  

1031日はハロウィン。

日本でも知名度があがりました。

  

ハロウィンはもともと古代ケルト人の収穫祭です。

秋の収穫を祝い、悪霊を祓う宗教的な行事でした。

この日は現実世界と霊界の間の門が開き、

妖精や悪魔がこの世を行き交うと言われ、

  

そのことがお化けの仮装につながりました。 

  

ケルトの信仰では、

111日が夏の終わりで、冬の始まりの節目となります。

ハロウィンは大晦日の位置付けです。 

  

ケルト人は樹木信仰を持つことでも知られていますが、

  

夏の守り樹であるオークから、

冬の守り樹ヒイラギへのバトンタッチも行われます。

様々な暦がありますが、

まずは自分が暮らすその土地に合ったものを使うことが必要です。

  

そして、前世も含め自分のルーツと関わる暦と出会えると、

自分にとって心地のよいタイミングの取り方や、

方向性が見えてくると言われています。

 

今年のハロウィンは何をします?

関連記事

  1. 男性と女性、プライドが高いのはどっち?

  2. 本当にやりたい事ですか?

  3. さあ!始めよう!!

  4. 【脳の健康のための6つの習慣】

  5. 「八相縁起」の動物を知っていますか?

  6. 今日は何だかやたらと思い出される

  7. 今日はホワイトデーそして・・・

  8. こよみを生活に取り入れて心を整えて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。